忍者ブログ
日々の活動記録や、暇つぶしなどなど
[414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404
2017/05/23 (Tue) 10:04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/28 (Sun) 11:22
以前,FT245RLをいかに簡単に使うか,という記事を書きましたが,それの続編で,
コンソールというかコマンドプロンプト上でシリアルポートを簡単にいじる方法です.

Windowsのコマンドプロンプト上で,echoすると,どうしても末尾にCR+LFがついてしまうんですね.
なので,前回の内容みたいに
echo 010101010101 > \\.\com1
みたいにすると,末尾に0x0D 0x0Aってついてしまって,望んだデータで終わりません.

で,WEBを回ってみると,
set /p x=hoge<nul
とすることで,改行なしでhogeという文字を出力できるということがわかりました.
なんでこれがechoの代わりになるかは適当にググってください.

もちろん,これを
set /p x=hoge<nul > \\.\com1
のようにリダイレクトすればいいわけですね.

んでもって,コマンドプロンプト上でもアスキーコードの制御文字列って入力できるんですね.
Ctrlキーとの組み合わせで,全制御文字が入力できるわけです.
Ctrl+[しか知らんかったよ…
ただ,コマンドプロンプト上だと,Ctrl+Cはシグナルを送ってしまうし,
DELとかCtrl+H(BS)とか普通に入力中の文字消しちゃうしで,
完全に全部をって訳にはいきませんorz
そもそもアスキーコードだと0x7Fまでですしね.

なので,バイナリデータをどうしても送りたい場合は,バイナリデータをファイルにして保存します.
バイナリデータはStirlingなどのバイナリエディタで作ればOKです.
もちろん改行コードなどはつけません.
で,そのファイルをhoge.binとして保存したとすれば,
type hoge.bin > \\.\com1
のようにすればOKです.
typeはファイル内容を表示する,というコマンドですね.

FT232でバイナリデータが送れることを確認しましたが,
手元にFT245がなく,FT245では動作確認が取れてません.
まぁ,FT232で出来るんだからきっとできるでしょうw

さらにそれをバッチファイル内で定期的に実行とかすれば…
なんて無駄なこともできますw
これはまたすぐ記事にするつもりですが.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
&lt;&lt; 委託開始 HOME 委託の話 &gt;&gt;
カウンター
委託案内
アンプ基板や同人誌を委託販売しています.リンクからどうぞ.(外部サイト)
HA10mini基板セット
HA10mini終段基板
HA10miniハイパワーキット
HPA&Analog vol.6冊子版
同人誌DL委託
同人誌DL委託(旧サークル名)
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[03/08 NONAME]
[01/19 gun534]
[12/14 NONAME]
[12/12 mike]
[12/06 mike]
最新トラックバック
SilverLight
アクセス解析
広告
忍者ブログ [PR]