忍者ブログ
日々の活動記録や、暇つぶしなどなど
[206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196
2017/07/23 (Sun) 15:31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/10 (Mon) 01:47
あるぇ?
なんだかNIOSⅡのライセンスをいろいろ勘違いしてたみたいorz

なんだぁ、無償版だとコンフィグROMにダウンロードできないのかぁ
しかもアルティマのサイトには一時間ってあったけどどこから一時間なんだ?
ダウンロードから?

どっちにしても無償版じゃぁMCRに乗せるのは無理と。
うーむ。買うといくらするんだ?
しかもQuartusもWebEditionじゃだめみたいなこと書いてあるけどなぜ???
「NIOSのQuartus」とか表現がわからないんですが。
NIOSはIPコアの名前orその開発環境をさしてるんじゃないの?
QuartusはFPGAの開発環境をさすんじゃないの?
NIOSのQuartusってなに???

まだまだ先は長そうだorz

そしてでもプログラムのSD Audioはよくわからん。
readmeもないんですか。コードよめと?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
混乱
まー、日本語訳がめためたなので絶対混乱するよねぇ。
バージョンによって仕様やライセンスが微妙に変化してきたので、英語版の説明を読まないとだめです。

で、

NiosII → CPUコアの商標あるいはNiosII環境の総体

NiosII IDE → NiosII開発環境(ソフト)

NiosIIライセンス → NiosIIのIPコアのライセンス

NiosIIのライセンス形態は3つあって、

●NiosII試用版
QuartusII WebEditionで使用可能。コンフィグROM書き込み不可。時間はJTAGケーブルが接続されていれば無制限(JTAGが切れると即時停止)。

●NiosIIサブスクリプション
QuartusII正規版(ライセンス登録が必要なためWebEdition不可)。コンフィグROMに書き込み可能。スタンドアロン動作可能。時間制限無し。

IPコア単体のライセンス(NIOS-IP)は\72,000で永久使用可能。ただし更新は1年なので、更新しない場合はそれ以降にリリースされた新しいバージョンは使用できない。

コンパイルに正規版のQuartusIIが必要なので、自動的にQuartusIIライセンスも必要(キャンペーン期間中で\98,000、正規価格は\198,000。形態はNIOS-IPと同じ1年更新・永久ライセンス)

●NiosII開発キット
NiosIIライセンス+QuartusIIライセンス+開発ボードのセット(\198,000)。ただし、NiosII、QuartusII共に1年限定の正規版で永久ライセンスではない。


試用版の上がいきなり18万まで飛ぶのが非常に痛いので、研究室予算で買わすのが得策。


> SD Audio

あれソース見たけど、SDカードの指定のLBAから生データをDACに転送してるだけだった。
やっぱ布教活動用にDE1用のゲーミングプラットフォームを整備するかー。
長船 2008/11/10(Mon)03:44:33 編集
難しそう…
なるほど。
基本的には購入したライセンスは永久使用可能だけどもアップデートはできないよって仕様なんですね。
なんだかフリー環境は太っ腹なのにライセンス環境はけち臭いというかなんというか…

それにしても研究室予算は厳しいなぁ。
今のところ使ってるというか、使おうとしてるの自分だけだし…
しかも回路の研究をしているわけじゃないからなぁ。
でも組み込みの先生そそのかしたら買ったりしないかなぁ。
でもあの先生はライセンスうんぬんの話は厳しい人だからなぁ。
悩むわぁ

>DE1環境
わくわく わくわくw
それよりも早くドキュメントを全部読んで自分でプロジェクトを書き進める方法を覚えないと^^;
ピン情報とかどうやってQuartusに読む込むんだってレベルです爆
まさか、全部自分で指定しろってことはないよなぁ。
strv URL 2008/11/11(Tue)01:11:08 編集
ライセンス
まー、サブスクリプションライセンスは基本的に業務用ですからねぇ。

基本は1年更新で、以前は更新期間内のバージョンアップ時にはインストールディスクのパックを送ってきてました。
今はWebサイトからサブスクリプション版もダウンロードできるので無意味になりましたが。


>ピンファイル

そう言えば他のプロジェクトからピンアサイン情報を持ってくる正式な方法知らないなぁw
属性情報は.qsfファイルにテキスト形式で書かれているので、該当部分をコピペしてくればOKだよ。
長船 2008/11/11(Tue)01:34:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
委託案内
アンプ基板や同人誌を委託販売しています.リンクからどうぞ.(外部サイト)
HA10mini基板セット
HA10mini終段基板
HA10miniハイパワーキット
HPA&Analog vol.6冊子版
同人誌DL委託
同人誌DL委託(旧サークル名)
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/08 NONAME]
[01/19 gun534]
[12/14 NONAME]
[12/12 mike]
[12/06 mike]
最新トラックバック
SilverLight
アクセス解析
広告
忍者ブログ [PR]