忍者ブログ
日々の活動記録や、暇つぶしなどなど
[442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432
2017/08/23 (Wed) 22:48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/09/09 (Sun) 22:08
Twitterの方では前に少し話題に出しましたが、Hobbykingの激安Quadキットを購入しており、研究室のフライトコントローラを使って飛ばしたりしてました。
このフライトコントローラはすでに使っていた別のものから借りていたのでソソクサと返却することになり、結局HobbyKingのMulti-Roter Control Board V3.0を購入し、飛ばすことにしました。
で、ようやくこいつが届き、いろいろと情報の整理のためにメモ書き。

とりあえず飛ばすだけなら元のファームウェアで十分。調整の仕方などはマニュアル(pdf)にある通り。
ただ、標準ではCrossタイプ(十字に飛ぶタイプ)のQuadになっているので、それ以外で飛ばしたければファームを書き換えないといけません。
その候補として楽ちんなのがKKmulticopter Flash Tool。こいつを使えばリポジトリサーバから最新のバイナリを勝手にダウンロードして書き込みまでしてくれる素晴らしいものです。
ただし、実行にはJavaのランタイムが必要なので注意。

ちなみにKKMultiCopterってのは、Hobbykingのボードの元となったボードですね。ほとんど乗ってるものが同じ。

で、Flash Toolの説明読んで設定していけば特に迷うことなく書き込みまで出来るはず。
ただし、対応したライタを持ってないとどうしようもない仕様。そして自分は持ってません。

このFlash Toolsの書き込みたいバイナリを選ぶと、インフォメーションボタンから、そのバイナリについての情報が読めます。試しにQuadのXタイプのインフォメーションボタンをクリックしてみたらここに飛ばされました。
http://www.rcgroups.com/forums/showpost.php?p=18609175&postcount=73
んで、ここの一番下でソース・バイナリ一式が配られているのでそれをダウンロードして、普段使っているプログラムライタでバイナリ書き込んで無事終了。
正直なところヒューズビットの設定とか全くわからんのだけど、元のままで動くみたい。
初期設定などは上記サイトにあるとおり、ポテンショの役割が変わっているのでそれに注意して設定する、というくらい。

飛ばし方としては、デフォルトのマニュアルにあるのと同様に、スロットルを最低にした状態で、ラダーを右全開に切ると基板上のLEDが 点灯 すれば準備完了。この状態でスロットルを上げればモータが回るはず。

まだ飛ばして無いのでちゃんとしてゲイン調整とかしてないのであれですが、明日の朝にでも公園で試してきたいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
委託案内
アンプ基板や同人誌を委託販売しています.リンクからどうぞ.(外部サイト)
HA10mini基板セット
HA10mini終段基板
HA10miniハイパワーキット
HPA&Analog vol.6冊子版
同人誌DL委託
同人誌DL委託(旧サークル名)
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/08 NONAME]
[01/19 gun534]
[12/14 NONAME]
[12/12 mike]
[12/06 mike]
最新トラックバック
SilverLight
アクセス解析
広告
忍者ブログ [PR]